しぃのおうち

たしゅみな自由人しぃのひびです。

基礎練に関するモヤモヤ

お久しぶりです!長期休暇の方が忙しいしぃです!!忙しいのとか、あと最近は体調が優れなかったりでご無沙汰していました。

 

 

今日の話題は…「自分はなんで基礎練習がニガテなのか?!」という話題です。唐突に発見があったので書いておきます。

 

 

私はバイオリンに限って基礎練習がすごく嫌い?というか、続かない!という苦手意識があります。けれども、じゃあ基礎練は苦手だからやらなくてもいいとか、必要ではないとかは思わないし、むしろ、そこちゃんとやれば自分の演奏はすごく良くなるのにな…とさえ思います。(こういう人は多いと思う)

なので例えば授業中とか電車に乗っているときは、帰ったらあの練習しよう〜とか、プランをたてているのですが、いざ楽器を手に持って弾くと、「もういいやぁ!」と3分で終了してしまうわけです。

ではなぜ、「もういいやぁ!」となるのか??という事に着目しました。

 

結論から言うと、

最初から「弾けなければいけない」と思うから

だと思う!

 

話は少し飛びますが、私のバイオリンの練習環境は、一戸建てのリビングで、常に母がいるところでした。母はパートですので、それ以外の時間は家にいるわけです。

それに対して、趣味でやってるエレキベースは、母の居ないところや、貸しスタジオなどです。そして不思議なことに、ベースを弾くときは、曲は後にしてとりあえず基礎練習をはじめるし、曲を弾くにしても練習になりそうなフレーズをピックアップしてやる癖があります。

はじめはこの二つを比較して、何が違うんだろう…と思ったのですが、一番大きいのは「口を出してくる人がいる」という事だと思います。

私の母も昔ピアノをやっていた人間なので、尚更気になるのかもしれませんが、とにかくフレーズを三、四回弾いただけで「そこ音程違うよ!」とか「何回間違えてんの!」と言ってくるわけです。

 

中高生の時は、ただ漠然とそれに対して「わかってるよ!」とイライラしたりモヤモヤしてたりするだけでしたが、大人になってよく考えて……できないからやってるわけです。

それに、これは大変失礼なのですが…所詮、素人の人が(技術的な面に)横から口を出したりしているだけなのです。何かおかしかったとして、定期的に先生について見てもらっているわけで、そこでちゃんとおかしい事はおかしい、と言われるのです。よかれと思って言ってくれてるのだと思います。しかしそれで実際に伸びる!かと言われれば、中々肯定はしにくいです。ようするにありがた迷惑です。

もし、音楽的にどう?とかコメントが欲しければこちらから聞けばよいのです。

でも、とやかく言われてイライラするのも嫌だから、できることしかやらなくなる…。それが私…笑(それはダメ)

 

しかしながら、聴いてる方が気になるのもわかるし、私も人の歌の音程が外れると逐一言いたくなってしまいます。(それが巨大なお世話だとわかっていても!)

では私が基礎練習をしっかりと続けるためには?ということですが、至極当たり前の事なんですけど、私が見失いがちな事が以下の3点です。

(1)最初からできなくてもいい!ダメなところに気をつけて何度も諦めずに練習する。

(2)練習は自分の部屋とか練習室でする。

(3)なぜだかよくわからないけど弾けない、と思ったら先生にきく。みてもらう。

並べると本当に普通のことなんですけど…私の場合はこれをすぐ見失ってしまいます。でも、リビングで練習してる人、意外といるんじゃないかな??いない?

(私はとにかく自分の部屋にいると、ヒステリックな母に「何してるの!!!」って呼び戻されてしまうような環境だったので…大学にはいってそれはおかしいと気づきましたが笑)

 

という事でそんな感じです。

私ももし子供ができたら、是非とも趣味でもなんでもいいけど音楽をやって、楽しみを知ってほしい!と思います。けれどどんなに(余計なお世話だからな〜〜)と思っていても、目の前で弾かれていては言いたくなってしまう…w

なので、極力自分の部屋で練習してもらう事にします。それで、続いたら良いし、続かなかったらそれでも良いんじゃないかなぁ…。

もし、私と同じような基礎練嫌いの人がいたら、参考になれば嬉しいです!笑