しぃのおうち

滝のおトイレ

敏感肌スキンケア / 化粧は「マナー」?

昨日はお休みだったので、美容院で髪をばっさりやってもらいました!美容師さんに勧められてカラーもして頂きました。髪型も、縁かと思い、おすすめされるがままに笑

前下がりショートボブで、後ろの内側は刈り上げてもらいました。ちょっとキノコすぎるかな!?と思ったけど、伸びてくれば落ち着きそう。(パートナーには会って第一声、「チンチンだ!」って言われました…)

 

そして今日は朝からなんとなく動画を見ておうちヨガ。バスマットも洗濯したし、作業のノルマも達成したので、夜はゆっくりしてます。

 

ところで、私メイクは好きなんですが、すっぴんの日も多いです。今日もすっぴん。というのも、忙しいのもありますが、けっこう肌が弱いのです。メイクアップそのものというよりはクレンジングで肌がすぐに荒れてしまいます。もちろんファンデーションや洗顔料は負担の少ないものを選んでいるのですが、限界がありますね。

特にスキンケアには気を使っていて、基礎化粧品は長い間いろいろ試しては変えて…としていましたが、最近やっと落ち着けるのを見つけました。乾燥肌でもあるので、冬は大変です!

今シーズンで買ってよかったな〜って思ったのをメモしておきます。

 

・MARKS&WEB マイルドソープ(シアバター)

300円程度なのですが、洗い上がりもしっとりします。洗顔フォームに比べて刺激のある成分も少ないのでとてもいいです。石鹸といえば、牛乳石鹸もさっぱりして良かったですよ。

 

オルビス クレンジングジェル

オルビスのクレンジングはオイルを使ってない低刺激処方が売りですが、その中でも一番刺激が弱いジェルタイプです。今までどのクレンジングでも2日使うと肌に赤みが出ましたが、これはあまりそういうことはありませんでした。

 

WELEDA  カレンドラベビーミルクローション

キュレルの乳液が肌に合わなかったので探していた時、デリケートな赤ちゃんにも全身に使えるということで手に取りました。顔のお肌も調子よくなりましたし、他の乾燥で痒い所にも塗ったところ、あっというまにかゆみが治りました。乳液で2000円以上はすこし高く感じますが、伸びもとても良く、けっこう大容量です笑

 

 

夏とかは化粧水に、殺菌作用のあるラベンダーやティーツリーなどの成分が入ってるものを使うとニキビが予防できますね。

肌が弱くてあうものが見つからない!って人がもしこの記事をみてたら、すこしでも参考になればな〜と思います。人によって合うもの合わないもの色々ありますから難しいですよね。

 

 

 

最後に、今日少しTwitterでも言及したのですが、ファッション雑誌のweb記事で気になるものを見かけました。就活のマナーがテーマだったのですが、その中に「すっぴんはマナー違反!危険!!メイクもマナーです」って言うのがあって、私は憤慨しました。

 

まず第一に、コスメの多くはほとんど薬品で出来ています。アトピーや敏感肌でなくても毎日ガンガン使っていれば肌が荒れる人は沢山いると思います。少なくとも夜はちゃんと落とさなければ、ボロボロになります。そういうのを「強制」するのってどうなのかな。あと、私はただ「毎日はできない」というタイプですが、肌の都合で全くできない人もいると思います。それって面接や履歴書でわかることなんですかね?笑

さらに思うのは、お化粧、男性にもマナーです!って言ってますか??マナーというなら、女性も男性も関係なく守る事だと思います。しかし現代の実情から見て、これは女性にのみ課せられている「マナー」ですよね。その「マナー」というのは、「女性が素肌や素顔をみせるのはみっともない」という意味なのでしょうか?

マナーとして課すのならば、男性も同様に肌の色や顔のおうとつをととのえて、眉の形をしっかり描いて作ったりするべきなのでは?と思います。けれど電車にのれば、正直スーツを着ている男性の方にそういうことをしている人はあまり見られないし、もっといえば、それ以前に眉毛も伸ばしっぱなし、体臭もケアしているとは思えない方たちが多いです。

別にそれを非難しているわけではありません。ようするにこの「マナー」って意味ありますか?それとも化粧していないことは実際の業務に差し支えがあるのでしょうか。男性はしなくていい、けど「女性はしろ」という事に疑問があります。男性にしない権利があれば、女性にもしない権利があるんじゃないかなと思います。

(ちなみに去年イギリスでは、出勤にハイヒールを義務づける事が問題になり、結局違法になりました。ハイヒールも健康的な問題を孕んでいますし、私は靴屋さんに「足裏の面積が狭すぎるから足に負担がかかるので履けないですね」と言われました。それでも「ハイヒールを履かないのは”甘え”」だと思いますか?)

 

ちなみにメイクアップ、意外と手間がかかります。その分早起きします。私は午前中に学校がある日は中々できませんでした。化粧品もきちんとしたものを揃えれば意外とお金がかかります。タダではありません。消耗品だし。

またよく問題になっていますが、お化粧は多くの所で高校までは禁止…その後ちゃんと教えてもらえる機会が用意されているわけでもありません。「ほっとけばそのうちできるようになる」とでも思われてるのでしょうか。私も大学に入って二年目位まではおかしな顔面を作り出していたと思います笑  意味不明な都合のいい「マナー」を押し付けるばかりで、そういう所はちゃんとバックアップしてくれない社会…。

 

そう言った事をマナーとして強制する企業としては、決まりを守るような人を集めて足並みを揃えたいのかもしれませんが、私は「様々な問題に疑問を持ったり、おかしい事をおかしいという面倒な人を会社に入れたくない」という風に思えます。まあ幸い私は一般的な就活とは違う道を選んだので、こんな事を言えるのかもしれませんが…。

 

 

愚痴の方が長くなってしまってすみません笑

でもジェンダー的な差別(女性差別に限らず)って、思っているよりも身近に、というかその辺にゴロゴロ転がっていると思います。一つ一つは小さくて大した事ではないように思えるかもしれませんが…その根本まで考えて欲しい。また、差別をしている人というのはほとんど自覚がないように思います。私も時に、差別をしたり、助長させてしまったりしている事があるかも…。「私 関係ないや」って傍観する事も、助長につながる事もあります。

社会はみんなが作っていくものですので、一緒に気をつけて行くことで、よい社会を築きたいですね♪

時間と休学

試験が無事終わりました。終わったのはいいんですが、シフトとかリハとか、とにかく予定が詰まりすぎていて、でも毎日電車に乗ったり接客したりしなければいけないので、インフルエンザに怯える日々です。ていうかもう現代では不可抗力ですからね。

 

そんな訳で、実質もう休学期間に入っているんですけれども、「休学」という響きから、「大丈夫なの?」と思う方もいらっしゃいました、のでその話です。私はもう24歳なんですけど、この歳でも心配してくれる人がいるなんて嬉しいことですね。

そもそも留年で学費が足らないので休学という措置を取らせて頂いたのですが、ぶっちゃけお金があっても休学したい理由がありました。

一番大きな理由は、もっと時間をとって勉強する時間が欲しかったという事です。卒論テーマもいまひとつ決まらないし。まああとは、人間関係とか、学校にいまひとつ馴染めないと感じた事で精神的に疲弊してしまったとか、色々ありますが。

 

まず、学生生活において、私はアルバイトを多くする必要がありました。1年〜3年の前期まで、バイオリンの楽器ローンが月1万円と、音楽教室に月1万円、それから通信費…で月に2万5千円は払わなくてはならないお金で、それ以外にも定期代が9000円くらいで、ご飯代や(それまで服を持っていなかったので)服を買うのにお金が必要でした。教科書も自分で買う事になっていました。

さらに、通学には片道2時間をかけていましたので、往復で4時間は移動に費やす事になっていました。(ちなみに家から最寄り駅までの徒歩は30分ですので、一日に1時間は歩きです)

地元で働くと出勤時間が遅くなり短い時間しか勤務できないので、学校の近くで夜の10時半まで働き、家に着くのは大体午前1時くらいでした。

最初の一年、というよりは前期まではそれでもギリギリやっていけたのですが、(人間関係のイザコザで疲れたのもありますが)二年生に入る頃には完全にそのサイクルを実行する体力も、精神力も、失っていました。一限のソルフェージュに間に合うには、6時50分には家を出なければなりません。2時過ぎに寝て6時に起きて、某東急線の満員電車ですし詰めにされれば、体調も悪くなります。

しかし問題はそれだけではなくて、勉強する時間がほぼ全く取れなかった事です。「異常に疲れてるし、無理だし、おかしい」と思った私は、2年次と3年次の履修を最低限にしました。私が単位不足なのに必修単位は落とさず取れているのはそのためだと思います。でも、とにかく語学はついていけないし、レポート等にも準備時間が足りない。寝てないから眠い。なにより、大学って、中高とは違って自分で勉強したいことを見つけて自主的にやる所なのに、それができない。やりたい事はあるのに。

 

時間は作るものだ!とか思う人もいるかもしれませんが、いくら根性論をぶつけられても無理なときはやっぱり無理だと思います。だからせめてもの「時間をつくる手段」としてとったのが休学でした。(まあ確かに私は要領は悪かったと思いますが…)

 

なので心配しないで欲しいのは、「休学してるから勉強しません、バイトだけしてぼーっと過ごします」という事ではないです。そもそも大学を出たら、みんな何かを勉強することを辞めてしまうのでしょうか。

さいわい私の周りには勉強が好きな子が集まってきてくれて、私にも色々と、音楽に関係のあることもないことも、勉強したいことややりたいことができました。

私は恥ずかしながら、心配性というか、かなり、必要以上に自信がない性格です。というのも、正直卒論が怖くて怖くて仕方ありませんでした。(卒論に関する案内を見るまでは100ページくらい書くんだと思ってたし…)レポートですら、他の人より書けてないんじゃないだろうか…と自信がありませんでした。(実際は全然そうでもなさそうだった)

つまり、卒論に書きたいテーマや勉強したい方向性はあっても、中々教授に言い出すまえに諦めていて、それでテーマが全然決まらなかったのもありました。仮題は適当なことを書いて提出しました。あと、知ってる人の前で卒論の発表をするのが嫌で仕方ありませんでした。

 

でもこの一年を使って、私は色々な見地を得られると思うし、気持ちの面でもだいぶん回復するんじゃないかな?と思います。バイト、変わったしね笑

読む本や調べることの目安は結構できているし、あとは時間をマネジメントして実行するだけです。

もしかしたら計画しているインスタレーション的な作品(event)の活動は今ひとつできないかもしれませんが、それは卒業してからでも遅くないと思いますしね。(インスタレーションの構想についてはまた後日ブログに書こうと思います)

 

また勉強した事などにも、当ブログで備忘録程度に触れたりできると面白いかもしれませんね。よろしくお願いします〜。ということで一年がんばります!応援してください笑笑

 

欲しいものとファッション

どもです。ロシア語の試験が間近に接近しており、毎日頭を抱えています。どうでもいい事ですが、語学の勉強をしている時期は、自分で日本語の文章を書いていても、まるで和訳のような文章になってしまう傾向がみられるのではないでしょうか????????しいです。

 

ところで私は、「欲しいもの何?」ってきかれると、すぐ出てこないタイプの人間です。

 

欲しいものが無いわけじゃないし、むしろあれが欲しいこれが欲しい〜って割と考えてる方だと思うのですが、誰かに何か買ってもらえるとか給料が入ったとかすると、急に何だったか忘れてしまいます。

ていうか最近は、思い出しても「持ち物を増やしたくない」という気持ちが大きくて、自分でも割と買い逃します。いや、自分が逃げてるのか。

 

化粧品や服もそんな感じでやってたんですけど、最近、すごく地味になってきたような…。

新しいニットやセーターも欲しいんですけど、畳んでももっこりしてかさばってしまう。柄物買っても合わせるの大変だから無地で…というか色合わせも大変だから、段々と白/黒/グレー/紺ばかりに…笑

化粧に至っては、なんでも使えるからブラウン系のアイシャドウとピンクのチーク、ベージュのリップ…とうとうお母さんにまで、「就活メイクしてんの???」って言われました!!!!!泣

 

センスがとっても無い、というわけじゃ無いと思うのですが、なんだか実用的というか…垢抜けないんですよね。冬だから仕方ないかもですが。

ファッションが嫌いなわけじゃ無いし、好きなんですけど、どうしても寒いだとかかさばるだとかに気持ちがもっていかれる〜。

 

ちなみに私の好きな雑誌はviviとかsweetとかarとかなんですけど、普段の帰国子女ですか?!って感じの格好からは見当もつかなさそう!笑

もう少し暖かい季節になったら、もうすこし華やかな格好がしたいですね( ´∀`)

 

トリュフ塩

こんばんわ。テスト近いけど、そう言う時こそ現実逃避!しいです。

 

ところで最近、おいしいお塩を買おうと思い、売り場で見かけた、「トリュフ塩」なるものを買ってみました。手のひらサイズの小瓶一個で1300円くらいしたので、とても期待してたんですけど、ためしに蓋を開けたら、強烈なにおいが…こ、これがトリュフパワー…???????????

とりあえず、インターネットで調べたところ、カルボナーラに一振りするとおいしいみたいだったので、作ってみました。

f:id:harusameakito:20180109224233j:image

まあ盛り付けはさておいて、ダマダマにもならず、美味しそうにできた!?

と、思ったんですけど……

ほんのひとつまみだけかけたトリュフ塩の、燻したみたいな匂いが、パスタを口に入れるたびにメッチャ鼻につく( ;  ; ) 

この匂いが、コクがあってこうばしい!っていう事なのかな?とにかく私はちょっと苦手な感じですね…。

 

まあでも、ちょっと作るのが苦手だったカルボナーラのコツは得られました。

 

のこりのトリュフ塩、どうしようかなぁ〜

オムレツとかにかけてもおいしいらしいんだけど、食べれるかなぁ…笑

あけましておめでとうございます

年が明けてしまいました笑

今年もよろしくお願いします☀️

 

今年下半期はかなり忙しくて色々あったのですが…新年早々過労で倒れました!笑

そもそも5月くらいから、2ヶ月に一回くらいはキツいシフトが組まれちゃってて、その都度「今回だけだから〜」とだましだましやっていたのですが、今回の年末年始でとうとう…( ;  ; )

代わりがいないのに、三が日に休んでしまってすみません。でも、胃が痛くて気持ち悪くなっちゃって、どうにもなりません〜。

一つ前までのバイト先では、風邪薬や一時しのぎの薬を飲んで無理やり出勤…て事も無かったのですが、人数が少なくて代わりの人が見つからないバイトはやっぱり厳しいですね。無理矢理出勤すると、体力ゲージがゴリゴリと削られていきます…。

正直アルバイトだからそこまでするのも変だと思うし、体力的に職場環境に向いてないと思うので、残念ですが辞めさせていただこうとおもいます〜。゚(゚´ω`゚)゚。

 

さて愚痴はこれくらいにして…笑

 

12/26に、なんと遂にワンマンのミニコンサートを催させて頂きました〜✨

(バイオリンです!笑)

コンサートというよりは、かわいい小屋のようなところで、手作りケーキとコーヒーを振舞って音楽を気軽に聴いて頂く、というすこし変わった形式で、試験的な意味も兼ねて行いました。

企画を進めている時点では、お客様は3人くらい来ていただければラッキーかな!と思っていたのですが、なんとなんと、9名の方に来ていただけて感無量です…!!

演奏は、とても緊張してしまったり、また、直前の打ち合わせなどがバタバタしてしまった事もあって、満足の出来とは言いがたいですが、次に繋がるような公演が出来てとても嬉しかったです。また、良い経験だったと思います。

イベント全体をみても中々に楽しんで頂けたので、次はもっとクオリティを上げて、この企画を続けていこうと思います!

因みに曲目は…ヘンデルのバイオリンソナタ(g moll)と、バルトークルーマニア民族舞曲を中心に、ディズニーなども挟み、カジュアルなプログラムとなりました。

次はもうすこしコンセプチャルというか、アラカルトというよりは統一感のあるプログラムを目指したいですね⭐︎

 

下のリンクからインスタグラムで少しですが見れます!
Instagram

 

そんなこんなでバタバタな年末年始でしたが、2018年は(休学もするし)職も含めてリフレッシュして、またがんばろうとおもいます!

大学に入ってからの四年間はバイオリンを練習する時間も減ってしまい、仕事やライブはしつつもブランクみたいになってしまったので、しっかりとリハビリもしていきたいと思っております!

 

ではでは、また。

 

 

基礎練に関するモヤモヤ

お久しぶりです!長期休暇の方が忙しいしぃです!!忙しいのとか、あと最近は体調が優れなかったりでご無沙汰していました。

 

 

今日の話題は…「自分はなんで基礎練習がニガテなのか?!」という話題です。唐突に発見があったので書いておきます。

 

 

私はバイオリンに限って基礎練習がすごく嫌い?というか、続かない!という苦手意識があります。けれども、じゃあ基礎練は苦手だからやらなくてもいいとか、必要ではないとかは思わないし、むしろ、そこちゃんとやれば自分の演奏はすごく良くなるのにな…とさえ思います。(こういう人は多いと思う)

なので例えば授業中とか電車に乗っているときは、帰ったらあの練習しよう〜とか、プランをたてているのですが、いざ楽器を手に持って弾くと、「もういいやぁ!」と3分で終了してしまうわけです。

ではなぜ、「もういいやぁ!」となるのか??という事に着目しました。

 

結論から言うと、

最初から「弾けなければいけない」と思うから

だと思う!

 

話は少し飛びますが、私のバイオリンの練習環境は、一戸建てのリビングで、常に母がいるところでした。母はパートですので、それ以外の時間は家にいるわけです。

それに対して、趣味でやってるエレキベースは、母の居ないところや、貸しスタジオなどです。そして不思議なことに、ベースを弾くときは、曲は後にしてとりあえず基礎練習をはじめるし、曲を弾くにしても練習になりそうなフレーズをピックアップしてやる癖があります。

はじめはこの二つを比較して、何が違うんだろう…と思ったのですが、一番大きいのは「口を出してくる人がいる」という事だと思います。

私の母も昔ピアノをやっていた人間なので、尚更気になるのかもしれませんが、とにかくフレーズを三、四回弾いただけで「そこ音程違うよ!」とか「何回間違えてんの!」と言ってくるわけです。

 

中高生の時は、ただ漠然とそれに対して「わかってるよ!」とイライラしたりモヤモヤしてたりするだけでしたが、大人になってよく考えて……できないからやってるわけです。

それに、これは大変失礼なのですが…所詮、素人の人が(技術的な面に)横から口を出したりしているだけなのです。何かおかしかったとして、定期的に先生について見てもらっているわけで、そこでちゃんとおかしい事はおかしい、と言われるのです。よかれと思って言ってくれてるのだと思います。しかしそれで実際に伸びる!かと言われれば、中々肯定はしにくいです。ようするにありがた迷惑です。

もし、音楽的にどう?とかコメントが欲しければこちらから聞けばよいのです。

でも、とやかく言われてイライラするのも嫌だから、できることしかやらなくなる…。それが私…笑(それはダメ)

 

しかしながら、聴いてる方が気になるのもわかるし、私も人の歌の音程が外れると逐一言いたくなってしまいます。(それが巨大なお世話だとわかっていても!)

では私が基礎練習をしっかりと続けるためには?ということですが、至極当たり前の事なんですけど、私が見失いがちな事が以下の3点です。

(1)最初からできなくてもいい!ダメなところに気をつけて何度も諦めずに練習する。

(2)練習は自分の部屋とか練習室でする。

(3)なぜだかよくわからないけど弾けない、と思ったら先生にきく。みてもらう。

並べると本当に普通のことなんですけど…私の場合はこれをすぐ見失ってしまいます。でも、リビングで練習してる人、意外といるんじゃないかな??いない?

(私はとにかく自分の部屋にいると、ヒステリックな母に「何してるの!!!」って呼び戻されてしまうような環境だったので…大学にはいってそれはおかしいと気づきましたが笑)

 

という事でそんな感じです。

私ももし子供ができたら、是非とも趣味でもなんでもいいけど音楽をやって、楽しみを知ってほしい!と思います。けれどどんなに(余計なお世話だからな〜〜)と思っていても、目の前で弾かれていては言いたくなってしまう…w

なので、極力自分の部屋で練習してもらう事にします。それで、続いたら良いし、続かなかったらそれでも良いんじゃないかなぁ…。

もし、私と同じような基礎練嫌いの人がいたら、参考になれば嬉しいです!笑

牛カツ 池袋「いろは」

f:id:harusameakito:20170606143001j:image

こんにちは、しぃです!

写真は池袋「いろは」の牛カツです。

先週は頑張って自炊し通したんで、土曜日にご褒美たべました。(無駄になった)

牛カツは出てきたときはレアになってるんで、小さい鉄板にのせて自分で焼いて食べます。味というか食べ方は三つあって、岩塩、しょうゆ、自家製山わさびソースがありますが、わたしは岩塩とわさびで頂くのが一番好きかな?どれも美味しいのでローテーションしてました。

カツ、ですが、衣が薄く油もさっぱりしているので非常に食べやすい!!しかし牛肉ですので食べた気はします。麦ご飯は一杯までおかわりできます。私はキャベツの千切りが苦手なんですけど、ここのはすごい細く切ってあって全部たべました。

今回私がたべたのは300gとろろ付きのお膳で1400円です。とろろ無しだと1300円ですし、もっとお肉の多いお膳もあります。

お店はとっても小さく、人が並んでいますので、一人か二人で行くのがオススメですね。

 

今月は忙しすぎて目が回ります。25日にサークルライブがありますが、その前に12日に劇の伴奏(バイオリン)をさせていただきます。

Review of Dew Vol.2 in神奈川 - パスマーケット

今週は両方のリハが…伴奏の方は特にミーティングナシで行きなりバイオリンパートを作って持っていく曲もあるので、ちょっと不安です笑

劇伴は仕事なんで優先しなければいけないし、かといってサークルライブをテキトーにするわけもいかないですし…笑

それに、バイトがめっちゃ入ってる!!!人手不足なんです!!!!!笑

初スタもできるだけやっていくつもりですが、本格的に練習できるのは13日以降かもしれませんね…( ; ; )あいやー

 

とりあえず25日が過ぎればゆっくり勉強したりできそうなんで、そこまで全力疾走です。

終わったらスポーツウェアでも買おうかな〜。